常時接続ドットコム・SEO事業部 HOME > 2011年06月

ケイ・オプティコム、個人向け接続サービス「eo光ネット」で「IPv6サービス」を提供

 株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、個人向けインターネット接続サービス「eo光ネット」のオプションサービスとして、平成23年7月1日(金)より「IPv6サービス」を提供することといたします。

詳しくはこちらから(6/22 日経新聞)

0から始めようインターネット常時接続

ISDN、ADSL、CATV、FTTH(光ファイバー)、無線アクセスなど現在では様々な常時接続サービスが 存在しますが、このページでは最適な常時接続方法の判定や各サービスの解説をします。

こちらから

USEN、法人向け1Gbpsインターネット接続サービス

 株式会社USEN(以下、USEN)は、法人向け新サービスとして、下り最大1Gbps/上り最大200Mbpsのベストエフォート型インターネット接続サービス「光ビジネスアクセス NEXT」の販売を本日より開始いたします。本サービスは、SLA(品質保証制度)のご提供も加えた上で、平成14年の発売開始以来、40,000回線以上の導入実績のある100Mbpsインターネット接続サービス「光ビジネスアクセス」と同価格帯(月額27,300円~)でご提供いたします。

詳しくはこちらから(6/13 日経プレスリリース)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
常時接続ドットコム・SEO事業部ではインターネット接続に関する様々な情報を提供していきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ネイティブ接続事業者の役割

 2011年4月15日にAPNICのIPv4アドレス在庫が枯渇したいま、日本国内にはNTT東日本とNTT西日本(NTT東西)の次世代通信網(NTT-NGN)上で展開される「フレッツ 光ネクスト」をアクセス網として利用する二つのIPv6インターネットサービス方式が登場しようとしている。本講座では、その一つである「ネイティブ方式」を紹介する。

詳しくはこちらから(6/6 ITpro)

ショップ

携帯からアクセス